ホーム サイトマップ リンク お問い合わせ
時代MAPとは 時代MAPコンテンツ 時代MAP活用事例 掲載履歴
H22.10〜
 
 

  東京の佃島小学校様は、子供たちに地域の歴史をもっと知ってもらおうと、副教材を使った「体感する」研究授業を実施されました。具体的には、下記のような目的で行われました。
1. 子供たちが住む町の歴史に関心を持ち、中央区の佃・月島地区は、江戸時代からの埋め立てによってできたことを知る。
2. 明治時代の埋め立ての様子や、当時の人々の生活の変化、生活向上のための工夫や努力について調べ、現在から未来へつながる住みよい町づくりについて考える。

実際の授業では、地図を持って江戸時代から島として存在していた佃1丁目付近を歩いたり、埋め立ての影響を受けながらも現在も漁を続ける漁師さんたちに話を聞いたりするなどしたそうです。本当に楽しそうな授業ですね!当時の人々の生活の様子やその変化をよりリアルに感じたのではないでしょうか?

過去を知り、未来を考えるきっかけになれば嬉しい……との思いがあったそうです。 実際に、地図を見ながら歩く子供たちのイキイキとした姿を想像し、私どもも大変嬉しく思いました。
 
紙に印刷した古地図の上に、透明フィルムで印刷した現代地図を重ねて作成されました。見開きの右ページには、年表がついてます。学んだこと、体感したことを元に、子供たちが自分で年表を書き込んでいくようです