ホーム サイトマップ リンク お問い合わせ
時代MAPとは 時代MAPコンテンツ 時代MAP活用事例 掲載履歴
H19.9.13〜H19.11.11 開催
 
 

 

京都国際マンガミュージアム様は、マンガに関する多彩な資料を収集し、研究及び公開する博物館。平成19年秋に開催の企画展、“マンガで読む京都 第1巻 「サムライKYOTO〜戦国から幕末へ〜」” で、『京都時代MAP®』 の安土桃山編、幕末・維新編のタイムトリップマップが採用されました。

同展の内容は、戦国時代から幕末にかけて活躍したサムライたちの活躍をマンガの世界を通して知るユニークなもの。地図は会場のエントランスに設置。武士の活躍した時代にタイムトリップしてから、来場者の方々にサムライの歴史を辿って頂くという仕掛けです。

 
会場エントランス
 
 

地図は高さ2メートル、幅4メートルの巨大なもの!幕末と戦国時代(安土桃山)の古地図、さらに現代の京都の地図の三層構造。順番は奥から安土桃山、幕末、そして現代地図。いわゆる “引き戸” の仕組みになっていて、戸を開け閉めするように、安土桃山、幕末、現代の地図がそれぞれ引き出せます。一番手前の地図は、ガラス戸に透明シールに印刷した現代地図が貼り付けてあるもので、奥の古地図と重ね合わせてみることができます。

同展のスタッフ様から、お子様から大人の方まで、実際に触れて体感できる新旧重ね地図として、大変ご好評頂けたと、嬉しいコメントをいただきました。


 
迫力満点の地図
 
 

京都国際マンガミュージアムHP
http://www.kyotomm.com/